オープンデータの活用について

ねこの住みやすい場所については、オープンデータを活用しています。

1.判定方法について

ねこの住みやすい場所とは、「道路が狭くてクルマが通れない、人が少ない昔ながらの街並み。」

「ロジねこ」では、ねこの住みやすい場所を、路地裏度とノスタルジー度、この2つを機械学習で判定します。

路地裏度

  • 国土数値情報(道路密度・道路延長メッシュ) 日本全国の1キロ当りの道路延長、道路幅員のデータで3メートル未満の道路を対象にデータを抽出しました。

ノスタルジー度

  • 国土交通省土地総合情報システム(不動産取引価格情報取得API)

  • RESAS API(人口構成) 対象となる道路に平均築年数、人口増減から古い建物、人口が減っていることを基準にノスタルジー度を計算しました。

2.ねこデータのオープンデータ利用

投稿された写真、ネコの種類、位置情報はオープンデータとして、『地域猫活動』のために公開をいたします。

以下のAPIを利用することで、JSON形式で取得することができます。